FC2ブログ

べムやっと見た(*^_^*)

昨日はブログを更新した後、映画妖怪人間べムの本編をやっと見ました♪
映画は1度だけしかみれなかったから、半年ぶり・・・かあΣ(゜д゜;)

昨年映画館に見に行った時には、涙でなかったような気がしたんだけど。。(お友達と一緒だったから、入り込めなかったんだっけ??(笑))

昨日、見たら、号泣でした。。
あれ、こんな切なかったっけ・・・・。。(今のモヤモヤの気持ちも手伝ってるかもね(^^ゞ(笑))

森の中で夏目さんをかばってベム杖が亀のいやベムの体を貫いて、緑の血を吐きながら苦しむ亀が・・いやベムが、めっちゃくちゃ自分的には、一番のツボで、何度もリピリピ♪
なにあれ、超~美しいですが(*´д`*)

思わずメールやり取りしてた相方ちんに「亀が美しいぃぃぃ(*´д`*)」って叫びのメールおくっちった(笑)

ラストの方からは夜中の静けさとひとりでじっくり見てるのが手伝ってか、ベムの世界観に入り込むことができたからか、亀の演技に、というより、妖怪さんたち3人の想いがなんだか、心に刺さりまくりで、べラのツンデレだけど、痛いほど不器用なやさしさとか、ベロの子供の様な可愛さの中に秘めた芯の強さとか、ベムのあのキレイな背中に無言でしょってる正義とか・・・。。

うまく文章にできないけど、なんか、心に打たれまくり(笑)
エンドロールを見ながら涙が止まりませんでしたぁ(;O;)

そして、下書きのままの特典映像の感想が( ̄▽ ̄;)書きっぱだったのか・・・。
これ、いつ見たんだっけ。。
これも、、、、やっぱ泣いたんだよね(笑)
最近は、すぐに涙腺崩壊するわぁ(^^ゞ




あんなに綺麗な涙を流す男の人を私は見た事がありません。。

六本木のラストの舞台挨拶。。。
監督からのサプライズの花束に「わぁおぅ♪」って言いながらも、結構もう感極まってたのかなぁ。。
司会の方からの一言ちょうだいに。。

亀:「最初こそ様々な声をいただきまして、でも自分達の信念を曲げずに、強い意志をもち・・」と何度となく、耳にしたり、活字で目にした言葉。。

様々な声・・・
とても、いい声なんかじゃなかったよね。。
最初、亀の耳にも、目にも届いた言葉は、きっと亀にとってはつらいものばっかりだったのではと想います。
ごめん、私も亀の主演ドラマがベム役と聞いた時「なんで??」って否定的だったもの。。

国民的アニメの実写版・・・
きっとプレッシャーは私の想像もつかない。。

亀の涙を見てて、ふと思い出した・・
なんだっけ、ドラマの初回の視聴率が出て、ベットでよっしゃって喜んだ事を語ってくれたエピソード。。

ベムを演じるにあたってその背中に、しょった想いはとてつもなかったんだろうな。


映画化にこれたのは、視聴者のみんなのおかげと、お礼を言う亀。。

決して、おごらず、いつも亀の言葉からは、人に感謝する姿勢。。相手があっての自分という姿勢は、ブレる事がなく。。

20000kmの移動をして、300もの媒体の取材をこなした亀(;O;)
どこにいっても、亀の真摯な対応はツイで評判だったよねぇ。。

それはただただ外見ががっこいいだけの男でない事を、証明してくれて、知れば知るほど、亀から抜け出せなくなるという「亀梨マジック」(笑)

何事も、口で言うのは簡単だけど、それを達成させる事も、持続し続けることも、そうとう難しいもん。。
ましてや、一般人と違って想った事をなんでもかんでも言えなそうだしね。。。。

だから、余計に態度で、まわりを納得させていくというか、惹きこんでいく、亀がすごいと想うのよ。。。ほんっとに(笑)

こんな男、いないっちゅーーーの(笑)




3歩進んで、2歩下がっちゃうけど、確実に1歩は、進んでるんだもんね。。
とりあえず、それで、いいか♪( ̄▽ ̄)ノ″


※拍手クリックありがとうございます♪♪テンションあがってうれしいですO(≧▽≦)O



ジャニーズブログランキング

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kametime

Author:kametime
働く2児のママです(*^^)v
亀を好きになって丸5年になったO(≧▽≦)O
何事も飽きっぽい私が全く飽きる事なく日々「亀梨和也」を好きになっていく。
この気持ちは本物だ!!というわけであふれる想いを綴っていきたいです。
一緒に亀愛語れる方募集中♪

カレンダー
07 | 2020/08 | 09
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター
現在の閲覧者数:
アクセスカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR